奈落のぼれろ

終活はじめました

泣きたい夜、挫けそうな夜

f:id:tongaribooshi:20170527211624j:plain
大阪南部に住んでいる人なら、このぬいぐるみを見た事があるかもね。ハーベストの丘のうさぎのぬいぐるみ。私の手作り弁当を持って、恋人と何度か行ったことがある。車の免許は持っていないから、南海高野線に乗って中百舌鳥駅まで行って、そこから泉北高速鉄道に乗り換えて泉が丘駅で降りて、南海バスハーベストの丘に行った。

HEP FIVEや海遊館USJデートも楽しかったけど、人だらけの場所よりも、のんびりと乗り物を乗り継いで、自然や動物との触れ合いが出来るハーベストの丘のほうが個人的には楽しかった。河南町にあるワールド牧場の、動物たちへの酷い扱いに比べて、ハーベストの丘は動物たちが自由で伸び伸びとしていて、見ていてホッとするものがあった。犬たちと触れ合いながら「私たちもいつか犬飼いたいね」と彼女が言っていた。それ位、一人の女性とは一緒に暮らす事を意識した関係になっていた。駄目だったから、こうなっているのだけどね。

私が女性とうまく恋愛できない原因は、生まれ持った厄介な障害を抱えていると言う理由があると思う。これはハタチ頃に診断された。だけど有効な治療法が無い。放って置いても体にダメージが有る物ではないけど、精神的な面でのダメージは計り知れない。治療を望めば経済的にも負担が大きく、いずれは体にも計り知れないダメージを負う。少しの期間、後者を選択したけど、結局は諦めて治療しない道を選んだ。その代わり精神的には酷く落ち込む事が多くなった。生きていること自体が苦痛に感じた。

この障害のせいで、小さな頃から私はどこかおかしかったんだ。だからいじめを受けたのだろうし友達もいなかった。静かで大人しくて全く男らしく無くて変な人間だった。このブログで書いているような男っぽい言葉遣いを実際にした事がない。一人称がおかしいと仕事先で笑われた事もある。大人になっても相変わらず男らしく無くて、恋人には女々しく依存するばかりだった。兎に角人が恋しくて甘えたかった。酷い淋しがりやだった。故に人間関係の維持は逆に難しい。男の場合だと特に。

私が抱えている障害は、鬱病などの精神疾患になる割合が高いらしい。私も漏れなくそうなのだろうと感じている。未婚率も高いらしいけど、それ以前に鬱病かもしれない&男と言う時点で誰も相手にはしてくれない。こういう時、女性が羨ましく感じる。

あかん、眠れない。不安な気持ちに精神が左右に揺れる。こんなこと精神科の医者に言っても理解して貰えない。実際、多くの病院では専門外で門前払いを受けると聞いている。そろそろ、これを抱えて生きるのもしんどくなってきた。どうしたら良いものだろう。借金なんて、これに比べたら大した問題ではないんだよ。普通に健全な精神を持って生まれてみたかったよ。普通の人たちが羨ましいな・・・。