奈落のぼれろ

終活はじめました

いじめ後遺症

(1)
f:id:tongaribooshi:20170527231425p:plain
検査の為に病院に行ってました。「深部静脈血栓塞栓症」自体は一応、手術で治ったことになっているけど、血栓症は完治が望めない病気と言われており、術後の今も定期的に検査を受けています。血液の抗凝固薬の服用も毎日欠かせないので、実はかなり厄介な病気なんです。薬によって血液の流れをよくしている為、怪我をした場合は出血が止まりにくい。なので、怪我の危険を伴う仕事(肉体労働系)には従事しないように言われています。って、どのみち私はチカラが全然無いから、肉体労働は無理じゃんね(苦笑)。5時間近く病院で拘束されていたので、めっちゃ疲れました。帰って爆睡です。

(2)
いじめを受けていたという方のブログを読んでいて、いじめ後遺症を知った。2月にNHK「あさいち」でも特集されたそうだけど、残念ながら見逃してしまった。いじめ後遺症の症状を見ていると、自分が抱える悩み(対人関係が築けない、引き篭もりがち、自殺願望など)が、全て当てはまってしまう。実際は、どうなのだろう。

小学校3年生頃から卒業まで、酷いいじめを受け続けてきた。物静かで、性格が大人しかったことや、言動が全く男らしくなかったことが原因だと思う。今でも定期的に、いじめてくれた奴らが夢に出てくる。ふとした時、急に脳裏に蘇ることがある。可能なら、ネット掲示板に奴らの名前や当時の住所を書いてやりたいなー。

学校を休みたがったり、自分の体を引掻いて傷を付けたりして、両親にSOSのサインを出していたけど、ことごとく見逃されてしまった。言葉で訴えれば済む話だけど、親に心配を掛けさせたくなくて言えなかった。だけど一方で、助けて欲しい気持ちが大きかった。だからサインを出し続けた。でも、親も学校の先生も、誰も気付いてくれることはなかった。

中学、高校も、どちらかと言えばいじめられがちだった。学校での集団生活が楽しいと思えたことは、たったの1度も無い。不登校気味だったし、友達はいたけど親友はいなかった。友達とは言っても、アニメなどの共通の趣味を間に挟んで繋がっているだけの仲だった。私は、いつも心を閉ざしていて、誰かと悩みを共有することが無かった。そういうことが出来る、いわゆる親友が欲しかったけど、40年近く生きてきて1人も出来なかった。

いじめ後遺症は、治療の一環として、同じ経験をしてきた者同士でグループを作り、傷を癒していくのだという。でも、なんか、もう、今更だよね・・・。