奈落のぼれろ

死にたいブログ改め、生きたいブログになりました

他人のことなんかどーでもいいって思える人間になりたかった

(1)
バイトの面接に行ってきました。10年間ひきこもっておきながら、思い切ったことをしたものだと我ながら思います。すぐに合否の連絡が来て、採用だったのですが断りました。夕方か深夜の時間帯を希望していたのに、早朝しか空いていなかったからです。朝は精神的にダウンしていることが多いので、今の私には無理です。

それよりも、自分自身の気質に疲れてしまった。先日、西成に行った時もそうだったのですが、今日は一段と疲れました。異常なまでに人に気を遣ってしまうんです。変な話、道行く人にまで自分で勝手に気を遣って疲弊してしまう。誰も私のことなんか気にしていないと分かっているのに。

昔から私は、人に対して必要以上に気を遣う人間でした。友達や恋人がいても自分から距離を置いてしまうのは、自分に自信が持てないことと、気遣いばかりして疲れてしまうからだった(と思う)。相手を傷つけないように、自分が嫌われないように、そんなことばかり考えて生きてきた。

私はHSPだと思うけど、愛着障害の要素も持っているのかもしれない。人に強く依存するし恋愛体質でもある。だから人一倍、孤独に耐えられないんだろうね。

何にしても、よく分からない要素を持ち過ぎて、いい加減にうんざりしてきた。こんなに疲れる人生なんか、もう終わりにしてやりたいって思う。もう限界です。もう死にたい。死んだほうが楽だ、解放されたい。今まで、どれだけそう思ってきたんだろう。

人の気持ちなんか分からなくて、人に気なんか遣わなくて、他人のことを何とも思わない人間になってみたかった。友達や恋人と、ざっくばらんに話をして普通に関係を築きたかったよ。一生懸命に「いい人」になって「いい人」で終わって結局は孤立して、世の中からも見捨てられて、そんな人生に何の意味があるんだろう。どうして、こんなに辛いのに生きなければならないんだろう。

生きていてよかった!と思う時が、いつかくるのだろうか。そんな、あてもない希望のために、それでも生きていかないといけないのだろうか。こんな下らない人生を、ダラダラといつまで続けたらよいのだろう。とりあえず生きてみるけど、まあとりあえず生きてみよう。自分にそう言い聞かせるしかないね。

(2)
今日、面接にいった所は、求人サイトに「業種:ホテル、仕事内容:ベッドメイク」と載せていたんです。いざ面接にいったらラブホでした、詐欺じゃん(苦笑)。ラブホなんて一度も入ったことなかったけど、うまく言えないけど下品な雰囲気だね。あー、これ苦手だわって思った。

店長さんが忙しかったみたいで、20分くらい受付で待たされたんだけど、その間、お昼なのにお爺ちゃん&若い女性が何組も入ってきた。デリヘルの提携ホテルなのかな?というかエロジジイお爺ちゃん元気だね。私のほうが完全に死んでるんじゃないかな。

この前の定期血液検査で男性ホルモンと女性ホルモンの値を調べてもらいました。男性ホルモンは23ng/dlと結果が出たんですが、男性は242~972ないといけないんです。女性は10~75だから、女性並み(汗)。じゃあ女性ホルモンはと言うと、これも男性の平均以下しかなかったんです。つまり私はどちらの性ホルモンも出ていない状態なんです。性ホルモンは精神面に大きく影響がでるから、これが原因で私は不安定なのかな、とも思います。

昔から私は、助平なことには嫌悪感を持っていました。男性ホルモンが少なかったのかなぁ。でもこれって不健全なんだと思うよ。生きる源だからね。三大欲求って本当に大事だと思う。今日のお爺ちゃんたちの、いやらしい・・・じゃない、楽しそうと言うか元気そうな顔を見て、性欲って大事だなって思った。思ったけど、でもやっぱり、あんなエロ老人になりたくねー!

きっと私は、どこか大人になりきれないままで、ここまできたのかなと思います。でもピーターパン症候群とは違うけどね。セルフチェックしてみたけど殆ど当てはまらない。ま、でも頭の中が未だにメルヘン&ファンタジーだからね。どっかおかしいんでしょう(笑)