奈落のぼれろ

終活はじめました

よかった、よかった、よかった探しー!

(1)
最近、自分をみじめに感じることが多々あります。約20年前に今住んでいる所に越してきて、当時は、まだ小学生だった近所の子が、今では自立していたり、早い人はもう結婚している。周りは確実に時間が流れているのに、自分だけ、まるで時が止まったままだと感じたりします。もちろん、他人と自分を比較すること自体、無意味だと分かっているけど、それがなかなか出来ないですし、そんな自分がもどかしいです。

私はこの10年で、自分が持つ様々な病因をどんどん悪化させてしまったのだと思います。不思議な物で、引きこもるということは、家で好きなことが出来て楽しいどころか、情緒不安が恐ろしいまでに加速していきます。人は社会的な生き物ですから、絶対に、ひとりでは生きていけないです。引きこもることで、それを痛感したからこそ、自分をみじめに感じるのです。

でも、それなら発想の転換や、それこそ昨日書いたような気持ちの切り替えが有効かもしれませんね。例えば、両親に、精神科に無理に連れて行かれそうになっても、徹底的に抵抗して行こうとしなかった私が、自発的に行く気持ちになった!とか。これは自分にとって、とても大きな一歩です。或いは発想を転換させて、実は私はとても恵まれた環境にいるんだよ、とか。ずっと引きこもっているのに、両親は理解をして私を支えてくれているのですから、みじめで情けなくても、次への一歩までの準備期間だと考えて、現状を受け入れていればいい。

どんなことでも強引に前向きに捉えてしまうことで、気持ちが少しは変わるかもしれません。これは「よかった探し」で知られるポリアンナ症候群に通ずるものがあると思います。ポリアンナ症候群は、悪い面が取り上げられがちですが、私のように何事も後ろ向きに捉えてしまう人間には、とても有効な意識改革の手段だと思います。どんな小さなことだっていいんです。よかった、よかった!何だか、ちょっとだけでも前向きな気持ちになれるような感じがしませんか。

(2)
f:id:tongaribooshi:20170704011349p:plain
私が愛用している市販の睡眠薬は、この「ウット」でして、強い効果があるとは思えないのですが、とりあえず5時間ほど眠れるので助かっています。ぐっすり眠りたかったらお酒と一緒にODしちゃえばいいのでしょうけど(^o^;)

私は良くない癖を持っていて、それは薬に強く依存してしまうことなんです。今はやめていますけど、引きこもり始めてからは、嫌なことがあったり、精神的に辛い時は、薬とお酒を用意してODしていました。例えば、このウットも過去に1箱を一気飲みしたことがありますし(半日以上、眠っていただけでした)、有名どころではレスタミンコーワ糖衣錠をODして吐き気と幻覚に見舞われたりしました。

定番中の定番、デパスも一気に6~10錠をお酒で流し込んだことがあるのですが、これもウットと同じで長時間、眠っただけでした。ODをしていて一番よかったのは、かつて中島らももハマり過ぎて依存状態だったという、エスエスブロン錠です。これ、とても幸せな気分になるんですよね~。

考えてみたら、私は人生で幸せを感じたことって、恐らくないんです。食べ物にそれほどの感動を覚えたことはなかったですし、お金も特に興味が無い。恋人と過ごした時間も、(私が勝手に)微妙に緊張感を持っていて疲れのほうが上回っていたし・・・。嬉しい、楽しいという感情は何度も感じましたけど、幸せな気持ちって、どんな感じなのか、私はよく分からないのです。

幸せな気分を初めて味わったのって、エスエスブロン錠をODした時かもしれません。言ってしまえば違法薬物的な使い方をしているので、幸せというよりも多幸感という表現のほうが正しいのかもしれませんが。でも、生まれて初めて、そんな気分を味わえて、ちょっと複雑な気持ちも混じりました。だって、人生で一度も幸せを感じたことなかったから。一時期、私は重度のブロン依存でした。でも後に血栓症になって入院して、その期間で脱依存することができました。

で、先日、ウットを買いに行った時、久しぶりにブロンに手が伸びそうで怖かったです。実は買いに行く道中では、ブロンが欲しい、もう絶対に買うぞ!って決めていたんです。それほど、何かに頼りたいくらいに弱っていましたからね。でも、必死に我慢しましたよ。迷いに迷ってやめました。私はね、色んな依存症の人の気持ちがほんの少しだけでも分かります。例え断ち切っても、誘惑から逃れるのって本当に大変です。

まあ、でも、誘惑に打ち勝ったし、今日もこれで飯が旨い!って実際は納豆ごはんしか食べてないけど(笑)弱い自分に流されないように、ぼちぼちと気楽に生きていけばいいんです。とりあえず、よかった、よかった。・・・ん?なにがよかったんだろ。。