奈落のぼれろ

死にたいブログ改め、生きたいブログになりました

独りじゃなくて本当によかった

f:id:tongaribooshi:20170728093600p:plain
ほんの少し前、私はこういう状態だったのですよね。首を吊れ、と言われたら意外とすんなり出来てしまいそうな精神状態でした。食欲なんて皆無で、唯一の話し相手でもある母との会話も、一時期は激減していたんです。暗い顔してうな垂れて、ただ座っているだけ。そんな日々だった訳です。誰が見ても危ない雰囲気が漂っていて、だからいつも母が「死んだらあかんよ!」と心配していました。

それがブログを始めてたった4ヶ月。一体、何があったのかと思うくらいに私の状態は変わりました。普通に会話をするようになったし、食事も以前よりは食べられるようになった(体重がちょっと増えたし;_;)。昨日もその前も、何度も書いたように、ブログを通じての人との出会いが本当に大きかったです。もし今も孤独だったら、何も変わらず生死のラインをふらふらしながら生きていたのかもしれません。

悩みを話せる相手がいること。誰にも話せず自分ひとりで悩みを抱えると、いつか必ず心がパンクしてしまいます。話し相手が親でも構わない。でも、出来たら悩みをきちんと理解・共感してくれる人がいい。同じように心に痛みや苦しみを背負っている人だったり、そうではなくても一生懸命に理解しようとしてくれたり。そういう相手を見つけて話を聞いてもらうこと。それだけでも、悩みや苦しみの殆どは解決できたと言えるのだと思う。

対話による効果は、以前にも紹介したラップランドの精神医療で証明済み。ある精神科医のサイトでも、人との繋がりや関係を持つことで精神病は改善できるとありました。その通りだと思いますよ。重度のうつ病などの場合は、投薬の必要性もあるのでしょうけど。でも、私はうつ病じゃなくて単なる死にたい症候群だから、その辺はわからん(^_^;

f:id:tongaribooshi:20170728101923p:plain
人間は複雑な生き物だけど、でも実は単純なものなんですよ。どっちやねん、とか言うツッコミは無しで。だって、ひとりだと生きていくのが辛くて死にたくなるのに、誰かと心だけでも繋がっていると思うと、それだけで前向きになって頑張って生きてみようって思えますから。心を病んでいようとなかろうと、孤独で悩む人がいたら手を差し伸べてあげて欲しいな。たったそれだけのことで、人って救われるものなのです。